本文へスキップ

鍼灸・マッサージ・漢方のことなら船橋の仁氣堂にお任せください

ご予約・お問い合わせのお電話はTEL・FAX.047-426-2811

〒273-0005 千葉県船橋市本町6-6-5 藤原ビル3F

【船橋仁氣堂】トップ > 漢方薬 > 膀胱炎

膀胱炎

抗生物質に頼らない


女性には、膀胱炎になりやすい方、再発しやすい方が割と多いようです。

 原因は、
・女性の場合、肛門と泌尿器の距離が近く、雑菌が侵入しやすい。

・男性と比べて尿道が短いため、プールや温泉などでも感染するリスクがやや高い。
などが考えられます。
 


 膀胱炎の多くは、上記のような「細菌性膀胱炎」であるため、ナリジクス酸製剤に代表される抗生物質を使うのが一般的です。

 しかし、抗生物質を安易に使うのは、日本国内の悪い習慣で、欧米では滅多に処方されません。



 抗生物質を使い慣れてしまうと、体が抗生物質に慣れてしまいます。
すると、大きな外科手術後など、いざ抗生物質が必要な時に体に耐性ができてしまっていて、抗生物質の効き目が低下する恐れがあります。

 膀胱炎はおろか、風邪が長引いた程度では抗生物質は使わないほうが良いでしょう。


 対処法は、
・排便後の拭き方を改善する。
・免疫力を上げる為、疲れを溜めずに、適度な運動を心がける。
・冷え症を改善する。
などが挙げられます。

 膀胱炎の中には「無菌性膀胱炎」もあり、この場合、「冷え」が原因で膀胱炎を繰り返すので、「冷え」や「疲れ」は大敵です。



 さて、漢方薬で膀胱炎というと「猪苓湯(ちょれいとう)」が一般的ですが、猪苓湯は利尿作用がメインの処方で、「菌を減らす」「炎症を鎮める」「冷え症の改善」にはあまり効果が期待できません。

 私は、猪苓湯以外の漢方薬をお勧めして、喜ばれています。

「漢方は効くまでに時間がかかるんじゃない?」という誤解は無用です。飲み忘れさえなければ、4〜5日で治まります。

 価格は4日分で千数百円、10日分で3千円強を想定していただければ良いと思います。


 ややデリケートなテーマなので、あまり話題にはなりませんが、漢方薬がしっかり効いてくれる得意疾患です。ご相談ください。


 足のむくみ  不妊治療  膀胱炎
 脳梗塞後遺症(片麻痺)  ストレス  目の症状


鍼(はり)ページへ    灸(きゅう)ページへ   マッサージページへ


 受付時間  アクセス  料金

inserted by FC2 system