本文へスキップ

鍼灸・マッサージ・漢方のことなら船橋の仁氣堂にお任せください

ご予約・お問い合わせのお電話はTEL.047-426-2811

〒273-0005 千葉県船橋市本町6-6-5 藤原ビル3F

  【船橋仁氣堂】トップ > 漢方薬 > 胃腸の症状 > 
                             ホエキンN

ホエキンNHEADLINE

疲れやすくて、手足がだるく、食欲のない方

 本剤は、李東垣著「内外傷弁惑論」(金時代)収載の処方にもとづいてつくられたエキスを、飲みやすく錠剤としたものです。

 ホエキンNは、漢方薬の中では「補剤」の1つとされ、
あまり胃腸が丈夫でなく疲れやすい方で、倦怠感がある方や虚弱体質の方、また病後で体力が弱っている方に効果があります。

 冷たいものの飲み過ぎ、食べ過ぎにも注意が必要です。




効能・効果


体力虚弱で、元気がなく、胃腸のはたらきが衰えて、疲れやすいものの次の諸症:
虚弱体質、疲労倦怠、病後・術後の衰弱、食欲不振、ねあせ、感冒。




用法・用量


食前または食間に服用。
食間とは、食後2〜3時間を指します。


 年齢 1回量  1日服用回数 
 大人(15歳以上)  5錠  3回
 15歳未満7歳以上  4錠
 7歳未満5歳以上  3錠
 5歳未満 服用しないでください 

小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。



構成生薬


人参(ニンジン)、白朮(ビャクジュツ)、黄耆(オウギ)、当帰(トウキ)、 陳皮(チンピ)、柴胡(サイコ)、
大棗(タイソウ)、生姜(ショウキョウ)、甘草(カンゾウ)、升麻(ショウマ)

分量や添加物については、添付文書やメーカーのホームページをご覧下さい。




包装


180錠(大人で15日分)  
定価:4000円

540錠(大人で45日分) 
定価:10800円



出典


・内外傷弁惑論「脾胃論」
「内傷不足の病、苟も誤り認めて外感有余の病と作して反って之を瀉すれば、則ちその虚を虚する也。実を実し、虚を虚す。

此の如くして死すものは、医之を殺すのみ。

しかるときは、則ち如何せん。

惟れ当に辛甘温の剤を以て其の中を補し、其の陽を升し、甘寒を以て其の火を瀉すれば則ち癒ゆべし。

経に曰く、労する者は之を温め、損する者は、之を益すと。

又云う、温は能く大熱を除くと。大いに苦寒の薬を忌む、其の脾胃を損すればなり。

脾胃の証初めて得るときは則ち熱中す。今立ちて始めに得るの証を治す」


inserted by FC2 system